アド通信 (2013.4)

 みなさん、こんにちは!教室では春期講習を終え、通常授業が始まっているところです。担当する先生が変わったり、新しい生徒も入ってきて教室の雰囲気も変わってきました。気持ちも新たに一年、頑張っていきましょう!

 

 さて、教室では新年度に向け新しい取り組みを行っていますが、今回はいくつか成果があった内容についてお話ししたいと思います。

 

 まず、中学1・2年生の年間での模試の受験です。教室の狙いとしては学力の把握はもちろんですが、進路について考える機会を設けることが大きなポイントです。4月の模試に向けて、新中2年生が分からないなりに進路について考えている姿を見ると成果があったのかなと思います。テストの結果は…どうか分かりませんが、それを見て今後のことを考えていきましょう!

 

 ちなみに模試の当日は必ず自分で公立・私立の第一志望を考えて来てください。それができないとテストが始められません。一度、自力で考えてみてください!別にとんでもない高校を書いてもいいと思います。今の自分の答えを出してみてください。分からない人は事前に塾長が相談、受け付けます。

 

 あと模試の成果として、栗東西中はテストの回数が少ないので勉強する機会として良かったかなと思います。テストがないとなかなか勉強できませんからね(-_-)

 

 次に新中1生の授業料の値下げです。昨年までは中1の前半は数学を個別、英語をサポートという形が多かったのですが、教室としては早い時期から科目を幅広く構えたいと思い、今回の値下げに踏み切りました。中学入学と同時に英語・数学の個別指導の受講とサポートコースで理科・社会の受講を勧めました。ご理解いただき大半の生徒に受講していただく結果となりました。手ごわい生徒が揃っている新中1ですがこれで万全!今、教室でできる最高の内容ですよ!これでもダメなら…次の対策を考えるのみです。

 

 最後に学年定員制の指導です。これも保護者の方にご理解いただきました。高校入学まで責任を持って指導させていただきます!ただ、最近は定員に達したため実際に入塾をお断りするケースもしばしば…。経営者として新しいお客様をお断りするというのはどうかと思うのですが、(正直なところ入れたいのが本音…)これも自分で決めたこと!一人一人をしっかり見たいと思います。

 

 アドゼミナールの目指すところは、昔のドラマで言う『Dr.コトー診療所』です!今の生徒たちは知らないですかね。うちは決して大きな総合病院は目指していません。皆さんと気軽に顔を合わすことのできる小さな町医者を目指しています。敷居の高い教室ではありませんので、気になることや困ったことがあれば皆さん、気軽に教室に足を運んでくれればと思います。

 

 2012年度の中3生が11人抜けましたが、この3月で新しい生徒が9名入塾してくれました。またまた個性的なメンバーですが、元気に頑張っていきましょう!それでは次回のアド通信もお楽しみに!