保護者面談2日目

今日も保護者面談が続きます。

 

面談をしていてふと思うこと。うちの教室の強みだと思いますが、塾長自身が生徒のことを十分、把握できていること。自分が大半の指導に当たっていますので。

 

たくさん生徒を抱えていたらデータだけで保護者の方と面談することになると思いますが、うちは生徒の点数はもちろん、性格や私生活も十分、把握できています。

 

人間観察が趣味と言ったら生徒から気持ち悪いと言われましたが…それぐらい生徒のことはよく見るようにしています。結構、変化には敏感になりました。

 

そのためか面談では点数だけの話だけではなく(むしろ数字の話はしていない!?)、「〇〇くんに今後、こんな人になってもらいたい!」とか「こういうところを意識したらもっと成長できる!」とかそんな話ばかりになっています。

 

表面上の点数だけを追い求めるのではなく、しっかり中身が伴った人になってもらいたいです。もちろん、自分もですよ!ただ、状況を把握するために数字がついてくるのかなと思っています。